オンラインカジノは違法?それとも合法?

オンラインカジノは違法なのか?それとも合法なのか?
法律がハッキリとしていない日本では、法律ができるまでは「永遠のテーマ」の気がしてなりません。
今回は、オンラインカジノは違法なのか合法なのか事例も交えながら調べてみました。
結論を先に言うと、オンラインカジノの選択を間違えなければ、私はオフホワイトだと思います。
オフホワイト=ほどんど白だが少し色が混ざっている。

オンラインカジノは違法なのか?合法なのか?

オンラインカジノ違法合法

カジノには店舗型と無店舗型(オンライン)があります。

一時期ニュースでも流れていましたが、闇カジノ・裏カジノ・インカジなどの言葉は聞いたことがありますか?

日本で営業していた実店舗型の裏カジノです。

この場合は、日本では賭博は禁止されていますので、賭博罪にあたります。

胴元の運営元と一緒にプレイヤーも逮捕されてしまいます。

日本で営業しているカジノには絶対に手を出してはいけません。

ではオンラインカジノは?

オンラインカジノでも、実質日本で営業しているオンラインカジノには手を出してはいけません。

カジノ合法国で運営がされているか。
ライセンスを取得しているか。
オンラインカジノの場合でも、その国がカジノ合法国である必要があります。
更に、ライセンスを取得しているオンラインカジノか確認する必要があります。
このライセンスの発行は、その国の政府が発行しています。
審査に通過したら、オンラインカジノを営業する事ができます。
一度審査に通過したら終わりではありません。その後も、監査が行われ健全な営業をしているか判断されます。
ライセンスの中でも、イギリス・マルタ・オルダニー・ジブラルタルなどのヨーロッパ圏の発行するライセンスは最も厳しいとされています。

日本でも、法の抜け道を使っているものがある

オンラインカジノ パチンコ
何か分かりますか?
パチンコです。
パチンコで換金する時に、見慣れない景品と交換しますよね。
その景品を換金所へ持っていき、買い取ってもらう。
もし、パチスロ店内で現金にできた場合は賭博になります。
それを回避するために、換金所を作っているんです。
最初に誰が考え付いたか分かりませんが、頭が良いなと思います。
 

日本から海外のオンラインカジノで遊ぶのは違法?

オンラインカジノ 合法
海外では、海外の法律が適用されます。
ですので、海外のオンラインカジノ(胴元)を逮捕する事はできません。
きちんとライセンスを取得しているオンラインカジノ自体は合法です。違法では全くありません。
2016年にオンラインカジノで遊んでいた日本人プレイヤーが3名が単純賭博罪で逮捕された事がありました。
2名は略式起訴を受け入れ罰金を払い、残る1名は受け入れず裁判になりました。
裁判では不起訴処分(前科もつかない)となりました。
この事例は、「オンラインカジノで遊んでも罪にはならない」と前例を作った裁判となりました。
海外のオンラインカジノ(胴元)は合法ですし、日本の法律は適用外です。
胴元を逮捕できず、プレイヤーだけが単純賭博罪に問われるのはどうなのか?と言う所が争点だったと思います。

まとめ

海外で運営しているオンラインカジノについては日本の法律は適用されません。
ですので、裁判の前例をふまえると日本から海外のオンラインカジノで遊ぶ事は「問題無い」と思っています。
ただし、オンラインカジノの選択だけは間違わないようにしてください。
間違うと逮捕される可能性があります。
ライセンスの中でも、イギリス・マルタ・オルダニー・ジブラルタルなどのヨーロッパ圏の発行するライセンスは最も厳しいとされています。
そのライセンスを発行している海外のオンラインカジノを選択するようにしてくださいね。

>オンラインカジノ No1「ベラジョン」

オンラインカジノ No1「ベラジョン」

大人気オンラインカジノ「ベラジョン」は日本語サポートもあり、
日本で一番人気のオンラインカジノです。

ベラジョンの特徴
・登録するだけでもらえるボーナス
・厳しい審査を受けた公平なゲーム
・最新のセキュリティ技術
・マルタ共和国のライセンスを取得

特別限定オファー
登録ボーナスは通常$10ですが、当サイトから登録した方限定で、
$30もらうことができます。

CTR IMG