ブラックジャック テーブル

ブラックジャックのやり方とは?ルールを画像付きで分かりやすく解説

ブラックジャックのやり方とは?
このページでは、ブラックジャックのやり方について解説します。
言葉が分からなくても、やり方を覚えれば問題ありません。
画像付きで解説しますので、ブラックジャックのやり方を覚えましょう。
読み終える頃には、ブラックジャックについて理解できるようになっていると思います。

ブラックジャックのやり方 基本ルール

ブラックジャック

ブラックジャックは、「ディーラーvsプレイヤー」の勝負です。
プレイヤー側の人数が何人いても、ディーラーにだけ勝てばいいゲームです。

デーブル毎に最低賭け金がありますので、その金額以上を賭ける必要があります。

基本ルール

ブラックジャックは、カードの合計が「21」に近いほうが勝ちとなるゲームです。

カードの合計が21を超えることをBurst(バースト)と呼び、バーストした時点でゲームは負けになります。

  • ディーラーがバーストしたら、プレイヤーの勝ち
  • プレイヤーがバーストしたら、ディーラーの勝ち
ブラックジャックで大事なことは「バースト」しないことです。
バーストしてしまうと、ディーラーと勝負する前に「負け」が確定してしまうためです。

カードの数え方

ブラックジャックの、カードの数え方です。
ブラックジャックルールブラックジャック遊び方

カードの数え方として3つのグループに分けると覚えやすいです。

  • A(1)は、1か11の「どちらか」の数字でカウント
  • 2~9は、数字でカウント
  • 10・J(11)・Q(12)・K(13)は、10とカウント

スペードのトランプ画像にしていますが、「ハート・ダイヤ・クラブ」でも数字のカウントは同じです。

ブラックジャックの役

ブラックジャックでは、「BLACKJACK」と呼ばれる役があります。

BLACKJACK

最初に配られた2枚で、A(エース)と10のカードの組合わせで21になります。
この時、Aは「11」としてカウントします。
画像はスペードですが、絵柄での組み合わせに関係無く、数字で21になる場合です。

このような組み合わせを「ブラックジャック」と呼びます。

ブラックジャックで勝った場合には、配当も1.5倍になります。

基本ルールで、21に近い方が勝ちと説明しましたが、21とBLACKJACKが同時に出た場合の勝敗について説明しますね。

ディーラー「21」vs プレイヤー「BLACKJACK」

ディーラーが「21」で、プレイヤーが「BLACKJACK」の場合はどうなるのか?

この場合には、プレイヤーの勝ちとなります。

ディーラー「BLACKJACK」vs プレイヤー「21」

ディーラーが「BLACKJACK」で、プレイヤーが「21」の場合はどうなるのか?

この場合には、ディーラーの勝ちとなります。

ディーラー「BLACKJACK」vs プレイヤー「BLACKJACK」

ディーラーが「BLACKJACK」で、プレイヤーも「BLACKJACK」の場合はどうなるのか?

この場合には、引き分けになります。

BLACKJACKが1番強く、「21・20・19・18・・・」の順に強くなります。

テーブルの表示ルール

ブラックジャックのテーブルには、画像のような表示があります。
それぞれには意味があります。

BLACKJACK PAYS 3 TO 2

分かりやすく、$(ドル)で例えますね。
通常の勝ちでは、賭け$10に対して、$20(賭け金$10+勝ち分$10)が配当されます。

ブラックジャックで勝った場合には、賭け$10に対して、$25(賭け金$10+勝ち分$15)が配当されます。

「BLACKJACKの時は、勝ち分の配当が1.5倍になりますよ。」って言う表示です。

DEALER MUST STAND ON 17 AND DRAW TO 16

ディーラーは、16以下の場合にはカードを引き、17以上の場合には引かない。

16以下の場合には、17以上になるまでディーラーはカードを引くことになります。
17以上になった時点の数字で、プレイヤーと勝負する事になるルールです。

ディーラー側だけのルールですので、プレイヤーは21以下なら「どの数字」でも勝負することができます。

INSURANCE PAYS 2 TO 1

インシュランスが成功した場合には、インシュランスの賭け金$5に対して、$15配当されます。

(インシュランスの賭け金$5+配当$10=$15)

このルール「インシュランス」については、次で詳しく解説します。

インシュランス

インシュランスとは「保険」です。
状況としては画像のように、ディーラー(上側)の見えているカードが「A(エース)」の時です。

結果として、インシュランスを成功させた場合「合計で賭けた分が戻る。」利点があります。
得もせず、損もしない感じです。
詳しく解説していきますね。

インシュランス

「インシュアランスをしますか?」と聞かれます。
インシュランスには、賭け金の半分を追加する必要があります。

現在、$10を賭けています。
インシュランスをするには、$5を支払います。

実際にインシュランスをして、テーブルに$5を置きました。
合計の賭け金は$15になります。

この時、ディーラーがBLACKJACKだった場合には、カードをオープンにします。
BLACKJACKでは無い場合には、インシュランスの賭け金は没収となり、ゲームが続行されます。

では、今回はどうなったでしょうか?

今回は、ディーラーがBLACKJACKでしたので、「インシュランスは成功」となります。

$15が戻ってきました。
この時、最初に賭けた$10は没収となり、インシュランスの賭け$5に配当が付いて$15が戻ります。

インシュランスの、成功・失敗した場合について詳しく解説しますね。

インシュランスが成功した場合

画像のようにインシュランスが成功した場合です。
賭け金$15(賭け$10+インシュランス$5)

賭け$10は没収され、インシュランスが成功した$15が配当になります。

$15賭けて、$15配当なので、資金の増減はありません。

インシュランスに失敗、勝負には勝った場合

インシュランスが失敗した場合には、インシュランスの$5は没収されます。
掛け金$15(賭け$10+インシュランス$5)

賭け$10はそのままですので、配当は$20です。

$15賭けて、$20配当なので、$5勝ちになります。

インシュランスに失敗、勝負にも負けた場合

インシュランスが失敗した場合には、インシュランスの$5は没収されます。
掛け金$15(賭け$10+インシュランス$5)

$15賭けて、負けなので、$15の負けになります。
一番最悪なパターンです。

インシュランスをしない、ディーラーがBLACKJACKの場合

プレイヤー側もBLACKJACKでない限り、即負けになります。

$10の負けになります。
ディーラーがBLACKJACKでも、1.5倍を取られることはありません。

私の見解では、「インシュランスはしなくていい。」と思います。

理由として、10のカードは全体の約30%です。
10以外のカードが出る確率は約70%あることになるからです。

ブラックジャックのやり方 実践編

ここからは、実際のゲームで流れをつかんでいきましょう。
実践画像を見せながら解説していきますね。

ゲームの流れ

最初に、賭け金を決めます。

ブラックジャック やり方1

今回は$10とします。
ベット位置に、チップを置きます。

ブラックジャック やり方2

チップを置いたら、真ん中の下側にある「ディール」を選択するとゲームが始まります。

カードが配られました。
ディーラーは「7」が見えていますね。

プレイヤー(私)は、3とAです。
Aは、1と11でカウントできますので、現時点では「4か14」となります。

プレイヤー側の選択は、基本的に4つあります。
「ダブル・ヒット・スタンド・スプリット」の4つです。
ダブルとスプリットについては、後ほど詳しく説明しますね。

ブラックジャック やり方3

ヒットは、カードを追加で引くことです。
スタンドは、現在の数字で勝負します。(カードを引かない)

現在、4か14ですのでヒットを選びました。
8が来ました。
ブラックジャック やり方4

先程までは、4か14でしたが8を引いたので「14+8=22」でバースト?と思うかもしれません。
ですが、Aは1にもなるので「3+1+8=12」で現時点では「12」になります。
22以上になる時に、Aは「1」としてカウントします。

12なので、ヒットを選びました。
9を引いて「21」になりました。

ブラックジャック やり方5

21なので自動的にスタンドになります。
続けて、ディーラーが伏せていたカードがオープンになります。
5なので「7+5=12」です。

テーブルの表示ルールにて解説しましたが、「ディーラー側には16以下の場合にはカードを引く。」ルールがあります。
ですので、ディーラーは続けてカードを引きます。

ブラックジャック やり方6

6が来て、計18になりました。
ディーラー側には17以上の場合には「スタンド」のルールがあります。

ですので、ディーラーは「18」、プレイヤーは「21」でプレイヤーの勝ちです。
$10賭けていましたので、$20が配当になります。

これがゲームの流れになります。
何回もゲームをしていると慣れますので、難しく考えなくても大丈夫です。

他の、スプリットとダブルについて、詳しく説明しますね。

スプリット

スプリットは、同じ数のカードが配られた時に、同じ賭け金を出すと2つに分けることができます。
画像を見ながら説明しますね。

7が2枚来ました。
スプリットの条件に当てはまるので、スプリットが可能です。

スプリット1

スプリットを選ぶと、追加で賭け金と同じ$10を出します。
7は、それぞれ独立したデッキとして新たにカードが1枚ずつ配られます。
それぞれで、ヒットやスタンドを選びます。

スプリット2

下側は「9」でしたので、ヒットしました。
10が来て、「19」になりスタンドを選びました。

スプリット3

上側は「13」でしたので、ヒットしました。
10が来て、「23」になりバーストです。

スプリット4

バーストした時点で、上側は負けが確定です。

残る、下側でディーラーと勝負しましたが、ディーラーは「20」でした。

スプリット5

スプリットは、今回のようにディーラーの見えているカードが「10」の時は、控えた方がいいです。

ディーラーの見えているカードが、4・5・6辺りの時に使うのがいいと思います。
理由として、「ディーラーは16以下の場合にはヒット」のルールがあります。

伏せているカードが10だとしてもカードを引く必要があるので、バーストする確率が高いためです。

ダブル

通常はバーストしない限り、何枚でもカードを引くことができます。
ダブルとは、賭け金を2倍にする代わりに、カードを1枚だけ引くことです。

では、画像で説明しますね。

7と4で11です。

ダブル1

ダブルを選択すると、$10を追加で払いカードを1枚引きます。
9を引き「20」になりました。

ダブルは、1枚しか引けませんので「20」で勝負です。
ディーラーは「10」ですので、更にカードを引きます。

ダブル2

ディーラーは10を引いて「20」になりました。
今回は、引き分けです。
引き分けは「PUSH(プッシュ)」と言います。

ダブル3

ダブルの使いどころは、プレイヤーの配られたカードが10や11の時です。
バーストしないですし、10カードを引くことができれば勝つ確率が高くなります。

更に、ディーラーの見えているカードが4・5・6の時なら、ディーラーがバーストする確率が高いので使いどころとしてオススメです。

ブラックジャックのやり方 攻略法

これまでの説明でブラックジャックのやり方は、理解できたと思います。
次に知りたくなるのが、攻略法だと思います。
しかし、100%勝てる攻略法はありません。

簡単に覚えられる攻略法は存在します。
まずは、王道の攻略法をおぼえてみてください。

こちらで、ブラックジャックでも使える攻略法を解説しています。
合わせて読んでみてくださいね。

合わせて読みたい

オンラインカジノに攻略法はあるのか?結論を言うと、100%勝てる攻略法は存在しません。今回は基本的な攻略法をご紹介します。是非、オンラインカジノに役立ててみてください。オンラインカジノの攻略法これからご紹介する攻略法は以下のゲー[…]

オンラインカジノ攻略法

ブラックジャックは、他のテーブルゲームと比べると「勝ちやすくプレイヤーに有利」と言われています。

ライブカジノは、実際のディーラーと勝負ができるので、大変面白いです。
おすすめですので、是非遊んでみて下さいね。

>オンラインカジノ No1「ベラジョン」

オンラインカジノ No1「ベラジョン」

大人気オンラインカジノ「ベラジョン」は日本語サポートもあり、
日本で一番人気のオンラインカジノです。

ベラジョンの特徴
・登録するだけでもらえるボーナス
・厳しい審査を受けた公平なゲーム
・最新のセキュリティ技術
・マルタ共和国のライセンスを取得

特別限定オファー
登録ボーナスは通常$10ですが、当サイトから登録した方限定で、
$30もらうことができます。

この特別オファーは、いつ終了するか分かりません。
特別限定オファーを受取るには、今すぐ登録を!

CTR IMG